>> Amazon.co.jp

混迷する評価の時代 : 教育評価を根底から問う

子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information
フォーマット:
図書
責任表示:
西村和雄 [ほか] 編
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 東信堂, 2010.10
形態:
vii, 186p ; 22cm
著者名:
シリーズ名:
シリーズ日本の教育を問いなおす ; 2 <BB03844699>
目次情報:
新学力観と観点別評価 : いかにして導入されたか 西村和雄 [著]
発達心理学から見た望ましいカリキュラムと教育評価 子安増生 [著]
教育評価制度によって「現場は混乱している」のか? : 教育改革の社会学・試論 : 教育改革から教育政策へ 諸田裕子 [著]
新しい学力観に基づく無試験の大学入学選考制度の興廃 : オレゴン州の経験に学ぶ 橋本昭彦 [著]
大学入学者選抜は高大連携活動をどこまで評価すべきか? : 「評価尺度の多元化・複数化」がはらむ大学入学者選抜制度の自己矛盾 木村拓也 [著]
外国語としての日本語能力測定を支えるテスト理論 野口裕之, 倉元直樹 [著]
項目反応理論による英語能力推移に関する研究の比較 熊谷龍一 [著]
高等教育の質保証の方法論としての教授システム学 : IM・ID理論による大学院教育の実質化と学士課程教育の構築 大森不二雄 [著]
新学力観と観点別評価 : いかにして導入されたか 西村和雄 [著]
発達心理学から見た望ましいカリキュラムと教育評価 子安増生 [著]
教育評価制度によって「現場は混乱している」のか? : 教育改革の社会学・試論 : 教育改革から教育政策へ 諸田裕子 [著]
新しい学力観に基づく無試験の大学入学選考制度の興廃 : オレゴン州の経験に学ぶ 橋本昭彦 [著]
大学入学者選抜は高大連携活動をどこまで評価すべきか? : 「評価尺度の多元化・複数化」がはらむ大学入学者選抜制度の自己矛盾 木村拓也 [著]
外国語としての日本語能力測定を支えるテスト理論 野口裕之, 倉元直樹 [著]
続きを見る
書誌ID:
BB03844757
以下のLINK先でもこの図書の目次等の情報が参照できます。
紀伊國屋書店BookWeb:9784798900117

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

西村, 和雄(1946-), 大森, 不二雄(1959-), 倉元, 直樹, 木村, 拓也

東信堂

長尾, 彰夫(1946-), 浜田, 寿美男(1947-)

ミネルヴァ書房

戸瀬, 信之(1959-), 西村, 和雄(1946-)

東信堂

長尾, 彰夫(1946-), 和佐, 眞宏, 大脇, 康弘

学事出版

西村, 文男(1927-), 天笠, 茂(1950-), 堀井, 啓幸

教育出版

Tomlinson, Carol A., Moon,Tonya R., 山元, 隆春(1961-), 山崎, 敬人, 吉田, 新一郎

北大路書房

西村, 皓(1925-), 長井, 和雄(1923-)

以文社

人間教育研究協議会

金子書房

中村, 晋, 大森, 直樹(1965-)

岩波書店

長尾, 彰夫(1946-)

有斐閣

12 図書 教育評価

田中, 耕治(1952-)

岩波書店