>> Amazon.co.jp

メディアが伝えた原発事故と犯罪

子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information
フォーマット:
図書
責任表示:
花園大学人権教育研究センター編
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 批評社, 2012.3
形態:
180p ; 19cm
著者名:
花園大学人権教育研究センター <DA13591726>  
シリーズ名:
花園大学人権論集 ; 19 <BN11796836>
目次情報:
現代社会の闇 : 原発下請け労働者の放射線被曝 樋口健二 [著]
フクシマ原発事故を考える : なぜ、どうなったのか、放射線と向き合う 川野眞治 [著]
放射線被曝の恐ろしさとは?防ぐために必要なことは? : 核戦略のもとで隠されてきた内部被曝の脅威 守田敏也 [著]
松本サリン事件 : つくられた虚像 河野義行 [著]
沖縄東村高江地区の現状をきく : 米軍ヘリコプターの着陸帯建設で人間もヤンバルクイナ、ノグチゲラもいのちの危機に! ヘリパッドいらない住民の会メンバー [著]
被害者も加害者もつくりたくない : 秋葉原連続殺傷事件を生きる 湯浅洋 [著]
書誌ID:
BB08812703
以下のLINK先でもこの図書の目次等の情報が参照できます。
紀伊國屋書店BookWeb:9784826505550

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

花園大学人権教育研究センター

批評社

花園大学人権教育研究センター

批評社

花園大学人権教育研究センター

批評社

花園大学人権教育研究センター

批評社

花園大学人権教育研究センター

花園大学人権教育研究センター

花園大学人権教育研究センター

批評社

花園大学人権教育研究室

花園大学人権教育研究室

花園大学人権教育研究センター

批評社

花園大学人権教育研究センター

批評社

花園大学人権教育研究室

批評社

花園大学人権教育研究センター

批評社

花園大学人権教育研究室

法政出版