Blank Cover Image

民俗の神 ; 民俗紀行

子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information
フォーマット:
図書
責任表示:
谷川健一著
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 三一書房, 1984.3
形態:
464p, 図版[1]枚 ; 22cm
著者名:
谷川, 健一(1921-) <DA00132657>  
シリーズ名:
谷川健一著作集 / 谷川健一著 ; 第2巻 民俗学篇2 <BN01614080>
目次情報:
遠野と志摩
常民の世界観
現世と他界
産屋と喪屋
神と魔
神の住居
常世の贈物
動物神の訪れ
巫女の登場
祖霊と怨霊
世直しの神
民俗学とは何か
風土と神
美保神社の神事
美保神社の祭祀組織
佐太神社の神在祭
島根半島の浦々
出雲大社の雄姿
熊野大社の鑽火祭
神魂神社と八重垣神社
スサノオと砂鉄
神々のやさしさ
阿波-粟の信仰と海人族の足音
大和-三輪山・香具山・二上山
出雲-常世への憧れ
志摩-海女の口笛
信濃-井戸尻・新野
若狭-暖流の運んだ文化
対馬-寂寥の島
五島-常世への出発
大王崎紀行
流浪の皇子
関東地方に遺る古代朝鮮の文化
流されびと
追分宿の女たち
庶民遺文抄
白鳥伝説を訪ねて
みちのくの哀愁
下北半島紀行
虻の襲う村
女中と一枚の葉書
産屋の彼方
うぶすな
白峯紀行
たちばな
獅子島の若者たち
卵生説話の旅
霧島山麓のカヤカベ信仰
黒潮によせて
奄美の新節をたずねて
海神の使者
おもろの旅-第一尚氏の跡を訪ねて
久高島の周辺
青と白の幻想
海の贈物
八重干瀬にて
宮古島の神女
琉球と朝鮮
韓国のシャーマン
海底王陵への旅
韓国の春
遠野と志摩
常民の世界観
現世と他界
産屋と喪屋
神と魔
神の住居
続きを見る
書誌ID:
BN01613951
以下のLINK先でもこの図書の目次等の情報が参照できます。
紀伊國屋書店BookWeb:9784380845154

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

谷川, 健一(1921-)

三一書房

7 図書 山の民俗誌

谷川, 健一(1921-)

三一書房

谷川, 健一(1921-)

三一書房

谷川, 健一(1921-)

三一書房

谷川, 健一(1921-)

三一書房

9 図書 渚の民俗誌

谷川, 健一(1921-)

三一書房

4 図書 民俗の神

谷川,健一(1921〜 ), 渡辺,良正

淡交社

谷川, 健一(1921-)

小学館

谷川, 健一(1921-)

三一書房

谷川, 健一(1921-)

冨山房インターナショナル

6 図書 民俗の宇宙

谷川, 健一(1921-)

三一書房

谷川, 健一(1921-)

冨山房インターナショナル