close
1.

図書

図書
歴史学研究会編
出版情報: 東京 : 青木書店, 2000.1
シリーズ名: シリーズ歴史学の現在 / 歴史学研究会編 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
同意は法律に、和解は判決に勝る 山内進著
斧を手にして法廷へ : 戦いか訴訟か 阪西紀子著
日本中世の紛争処理の構図 新田一郎著
中・近世移行期の村落フェーデと平和 稲葉継陽著
イスラム世界における血の紐帯と社会秩序 加藤博著
大原幽学と江戸訴訟 高橋敏著
ロシア史における訴訟と社会秩序 大江泰一郎著
南宋の裁判と女性財産権 大澤正昭著
中世イタリアにおける都市の秩序と公証人 徳橋曜著
カーディーと公証人 三浦徹著
マラーター王国における社会秩序維持システム 小谷汪之著
伝統中国における図頼の構図 三木聰著
植民地期メキシコにおける民族隔離法制と地域社会秩序 安村直己著
多民族社会における「公平な」陪審 藤倉皓一郎著
同意は法律に、和解は判決に勝る 山内進著
斧を手にして法廷へ : 戦いか訴訟か 阪西紀子著
日本中世の紛争処理の構図 新田一郎著
2.

図書

図書
歴史学研究会編
出版情報: 東京 : 青木書店, 2000.6
シリーズ名: シリーズ歴史学の現在 / 歴史学研究会編 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
方法についての断章 安田常雄著
戦後歴史学と世界史 : 基本法則論から世界システム論へ 石井寛治著
戦後歴史学と国民国家論 西川長夫著
戦後歴史学と社会史 二宮宏之著
らせん階段をひとまわり 牧原憲夫著
方法としての「(戦後)歴史学」 中条献著
戦後歴史学の論じ方によせて 安田浩著
方法についての断章 安田常雄著
戦後歴史学と世界史 : 基本法則論から世界システム論へ 石井寛治著
戦後歴史学と国民国家論 西川長夫著
3.

図書

図書
歴史学研究会編
出版情報: 東京 : 青木書店, 1999.5
シリーズ名: シリーズ歴史学の現在 / 歴史学研究会編 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
16・17世紀環シナ海経済と銭貨流通 黒田明伸著
清代中国の経世論における貨幣と社会 岸本美緒著
朝鮮時代の貨幣 : 「利権在上」をめぐる葛藤 須川英徳著
日本の中世貨幣と国家 中島圭一著
近世初期の撰銭令をめぐって 安国良一著
出土銭貨からみた中・近世移行期の銭貨動態 鈴木公雄著
銭を埋めること : 埋納銭をめぐる諸問題 橋口定志著
中世の「埋蔵銭」についての覚書 : 財産の危機管理の視点から 峰岸純夫著
16・17世紀環シナ海経済と銭貨流通 黒田明伸著
清代中国の経世論における貨幣と社会 岸本美緒著
朝鮮時代の貨幣 : 「利権在上」をめぐる葛藤 須川英徳著
4.

図書

図書
歴史学研究会編
出版情報: 東京 : 青木書店, 2000.4
シリーズ名: 地中海世界史 / 歴史学研究会編 ; 1
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
歴史学研究会編
出版情報: 東京 : 青木書店, 2000.5
シリーズ名: シリーズ歴史学の現在 / 歴史学研究会編 ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
歴史学と修正主義
歴史のなにを、どう修正するか : 日本近現代史研究と<国民>の概念 岡部牧夫著
韓国に「修正主義」はあるのか : 韓国の近現代史研究と関連して 尹健次著
イスラエル現代史における「修正主義」 : 「新しい歴史家」にとっての戦争、イスラエル建国、そしてパレスチナ人 白杵陽著
チリにおける歴史学研究 高橋正明著
歴史認識
アイルランド史における修正主義論争 : 修正主義史家とフィーニアン運動 高神信一著
ロシア革命の歴史像 : ソ連崩壊後の十月革命の再解釈 鈴木義一著
アメリカにおける歴史認識をめぐって 林義勝著
現代ドイツの歴史論争 石田勇治著
記憶と歴史
「修正主義」と「記憶の義務」 : パポン裁判とフランス現代史叙述 剣持久木著
歴史としてのアパルトヘイト : 「真実和解委員会」と南アフリカにおける歴史認識 永原陽子著
民主主義のための歴史とは何か : ラテンアメリカにおける歴史認識論争の最前線 飯島みどり著
歴史学と修正主義
歴史のなにを、どう修正するか : 日本近現代史研究と<国民>の概念 岡部牧夫著
韓国に「修正主義」はあるのか : 韓国の近現代史研究と関連して 尹健次著
6.

図書

図書
歴史学研究会編
出版情報: 東京 : 青木書店, 1994.5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
世界史の構造と国民国家 木畑洋一著
国民国家のヴァリエーション
十八世紀 フランス 西川長夫著
十九世紀後半 ドイツ 西川正雄著
ハプスブルク帝国末期の民族・国民・国家 小沢弘明著
地域世界と国民国家 アラブ 加藤博著
もうひとつの国家建設
米国における「国民」統合とアジア系移民 油井大三郎著
ソヴィエト社会主義と国家建設 木村英亮著
二〇世紀中国における「国民国家」と社会主義 西村成雄著
国民国家をみる視座
アイヌ民族への同化政策の成立 高木博志著
周辺から 沖縄 鹿野政直著
在日朝鮮人にとっての「国民国家」 文京洙著
国民国家を遡る 鬼頭清明著
世界史の構造と国民国家 木畑洋一著
国民国家のヴァリエーション
十八世紀 フランス 西川長夫著
7.

図書

図書
歴史学研究会編
出版情報: 東京 : 青木書店, 2001.4
シリーズ名: シリーズ歴史学の現在 / 歴史学研究会編 ; 6
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
戦後日本と「アメリカ」の影 加藤哲郎著
「ドル帝国」、インディアン映画、国産コーラ 木戸衛一著
非ナチ化とドイツ人 深川美奈著
浸透する<アメリカ> 佐藤勘治著
アラブ・ナショナリズムにおけるアメリカ像 北澤義之著
レジスタンスのなかの"アメリカ" 吉村慎太郎著
日本の韓国併合・朝鮮統治とアメリカ 長田彰文著
一九四〇年代中国「親米派」のトリレンマ 西村成雄著
ベトナムにおけるベトナム戦争の総括をめぐって 古田元夫著
アメリカン・フェミニズムの世紀 前田眞理子著
日本人のハリウッド映画体験 岩本裕子著
アメリカ合衆国の「世界体験」としてのベトナム戦争 藤本博著
戦後日本と「アメリカ」の影 加藤哲郎著
「ドル帝国」、インディアン映画、国産コーラ 木戸衛一著
非ナチ化とドイツ人 深川美奈著
8.

図書

図書
歴史学研究会編
出版情報: 東京 : 青木書店, 2000.11
シリーズ名: シリーズ歴史学の現在 / 歴史学研究会編 ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
日本における末法思想の展開とその歴史的位置 佐藤弘夫著
ヒンドゥー・ナショナリズム言説におけるカリ・ユガ 近藤光博著
キリスト教的終末観と世界史 岡崎勝世著
末法思想と中世の「日本国」 上川通夫著
一九世紀日本における民衆宗教の終末観と社会運動 神田秀雄著
中国近世の民間宗教における終末観 浅井紀著
朝鮮の終末思想=『鄭鑑録』と植民地期の東学 趙景達著
イマーム「お隠れ」千年後 山岸智子著
古代地中海世界におけるキリスト教的終末観 倉橋良伸著
社会の危機と祈禱 甚野尚志著
千年目の年に 神崎忠昭著
蘇生する一七世紀イギリスの千年王国論 岩井淳著
ロシアにおける終末論とその社会運動 中村喜和著
日本における末法思想の展開とその歴史的位置 佐藤弘夫著
ヒンドゥー・ナショナリズム言説におけるカリ・ユガ 近藤光博著
キリスト教的終末観と世界史 岡崎勝世著
9.

図書

図書
歴史学研究会編
出版情報: 東京 : 青木書店, 2001.11
シリーズ名: シリーズ歴史学の現在 / 歴史学研究会編 ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
戦争の概念・描写
中世日本の寺院と戦争 久野修義著
ステータスを求めての戦い : 中世初期ヨーロッパにおける戦争の原理 ハラルド・クラインシュミット著 ; 佐久間弘展訳
戦国合戦図屏風の成立と展開 : 成瀬家蔵「長久手合戦図屏風」とその周辺 高橋修著
三藩の乱をめぐって : 呉三柱の反乱と楊起隆・朱三太子事件 細谷良夫著
戦争の組織と社会
応仁の「大乱」と在地の武力 酒井紀美著
移行期戦争論 : 大阪冬の陣の総合的検討 谷口眞子著
三十年戦争期の戦争組織と社会 佐久間弘展著
清朝のユーラシア世界統合と関聖帝君 : 軍事行動における霊異伝説の創出をめぐって 太田出著
平和の現実
イスラームにおける「戦争と平和の法」 柳橋博之著
村の武力動員と陣夫役 : 戦国期における平和の負担 稲葉継陽著
織田信長と勅命講和 堀新著
中・近世の戦争責任とアムネスティ : ヨーロッパ的国家世界における階層秩序と対等秩序 ヨルク・フィッシュ著 ; 佐久間弘展, 高津秀之訳
戦争の概念・描写
中世日本の寺院と戦争 久野修義著
ステータスを求めての戦い : 中世初期ヨーロッパにおける戦争の原理 ハラルド・クラインシュミット著 ; 佐久間弘展訳
10.

図書

図書
歴史学研究会編
出版情報: 東京 : 青木書店, 2002.11
シリーズ名: シリーズ歴史学の現在 / 歴史学研究会編 ; 8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
正統性・卓越性の主張
中世公家と系図 : 『尊卑分脈』成立前後 松薗斉著
神を称する武士たち : 諏訪「神氏系図」にみる家系意識 中澤克昭著
姓を変えること : 中世ジェノヴァのアルベルゴに関する試論 亀長洋子著
琉球家譜の成立と門中 田名真之著
同族意識の形成と強化
中国の近世譜 井上徹著
近世朝鮮の氏族と系譜の構築 : 安東権氏の族譜編纂をとおして 吉田光男著
近世宗譜考 : 清末民初期の江蘇省の事例を対象に 倉橋圭子著
旅する系図 : 南アラビア、ハドラマウト出身サイイドの事例より 新井和広著
文字社会化と系譜意識の変化 : 東アフリカ内陸部の場合 小馬徹著
学問研究としての系図
ターリブ家系譜学の専門用語と記号 : 用語集史料の記述から 森本一夫著
モンゴル王統系図『ムイッズル=アンサーブ』諸写本におけるチンギス裔系譜情報の異同について 赤坂恒明著
近代イギリス農村家族の家系図 : 歴史学と系図学の接点 高橋基泰著
微視的歴史研究としての家系図分析 吉野悦雄著
正統性・卓越性の主張
中世公家と系図 : 『尊卑分脈』成立前後 松薗斉著
神を称する武士たち : 諏訪「神氏系図」にみる家系意識 中澤克昭著
 CiNii Books   CiNii Articles   JAIRO   WebcatPlus  
同じキーワードで他のサイトを検索できます。