close
1.

図書

図書
正岡子規著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1992.8
シリーズ名: ちくま日本文学全集 ; 037
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
夏の夜の音
飯待つ間
小園の記
車上所見
雲の日記
熊手と提灯
ラムプの影
明治三十三年十月十五日記事
死後
くだもの
煩悶
九月十四日の朝
松蘿玉液抄
墨汁一滴抄
病牀六尺抄
歌よみに与うる書
俳句問答
古池の句の弁
短歌
俳句
夏の夜の音
飯待つ間
2.

図書

図書
正岡子規著
出版情報: 東京 : 講談社, 1968.11
シリーズ名: 日本現代文學全集 / 伊藤整 [ほか] 編 ; 16
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
竹の里歌
子規句集 正岡子規著 ; 碧梧桐, 虚子共編
松蘿玉液
墨汁一滴
病牀六尺
歌よみに與ふる書
竹の里歌
子規句集 正岡子規著 ; 碧梧桐, 虚子共編
松蘿玉液
3.

図書

図書
正岡子規著
出版情報: 東京 : 講談社, 1977.5
シリーズ名: 子規全集 / 正岡子規著 ; 第6巻
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
正岡子規著
出版情報: 東京 : 講談社, 1977.9
シリーズ名: 子規全集 / 正岡子規著 ; 第9巻
所蔵情報: loading…
目次情報:
文集,論文雑篇,詩稿,回覧雑誌 参考資料,解題(渡部勝己) 解説(大江健三郎)
文集,論文雑篇,詩稿,回覧雑誌 参考資料,解題(渡部勝己) 解説(大江健三郎)
5.

図書

図書
正岡子規著
出版情報: 東京 : 講談社, 1977-1978
シリーズ名: 子規全集 / 正岡子規著 ; 第18-19巻
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
正岡子規著
出版情報: 東京 : 講談社, 1977.7
シリーズ名: 子規全集 / 正岡子規著 ; 第15巻
所蔵情報: loading…
目次情報:
明治24年〜明治35年 参考資料 解題(和田茂樹)
明治24年〜明治35年 参考資料 解題(和田茂樹)
7.

図書

図書
秋山真之 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 講談社, 1977.3
シリーズ名: 子規全集 / 正岡子規著 ; 別巻1
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
正岡, 子規(1867-1902) ; 高浜, 虚子(1874-1959) ; 長塚, 節(1879-1915) ; 石川, 啄木(1886-1912)
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1978.10
シリーズ名: 筑摩現代文学大系 ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
仰臥漫録 正岡子規 [著]
柿二つ 高濱虚子 [著]
長塚節 [著]
一握の砂 石川啄木 [著]
悲しき玩具 石川啄木 [著]
正岡子規 山本健吉著
高濱虚子 山本健吉著
長塚節 山本健吉著
石川啄木 山本健吉著
仰臥漫録 正岡子規 [著]
柿二つ 高濱虚子 [著]
長塚節 [著]
9.

図書

図書
福田清人編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1974.1
シリーズ名: 明治文学全集 ; 94
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
塩原入浴の記 饗庭篁村著
木曾道中記 饗庭篁村著
水戸の観梅 饗庭篁村著
酔興記 幸田露伴著
まき筆日記 幸田露伴著
地獄渓日記 幸田露伴著
草鞋記程 幸田露伴著
はて知らずの記 正岡子規著
戸隠山紀行 山田美妙著
煙霞療養 尾崎紅葉著
千山万水(抄) 大橋乙羽著
続千山万水(抄) 大橋乙羽著
ふところ日記 川上眉山著
両毛の秋 徳富蘆花著
雨の水国 徳富蘆花著
一簔一笠(抄)/ 大町桂月著
那須野 大町桂月著
十和田湖 大町桂月著
日光山の奥 田山花袋著
多摩の上流 田山花袋著
春の日光山 田山花袋著
秋の日光山 田山花袋著
熊野紀行 田山花袋著
月瀬紀遊 田山花袋著
秋の岐蘇路 田山花袋著
雪の信濃 田山花袋著
不二の高根 遅塚麗水著
飛騨越日記 遅塚麗水著
秋の京都 遅塚麗水著
幣袋 遅塚麗水著
五足の靴 与謝野鉄幹ほか著
白峰山脈縦断記 小島鳥水著
日本北アルプス縦断記 小島鳥水著
現代の紀行文 田山花袋著
明治の紀行文 高須芳次郎著
塩原入浴の記 饗庭篁村著
木曾道中記 饗庭篁村著
水戸の観梅 饗庭篁村著
10.

図書

図書
久保田正文編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1975.4
シリーズ名: 明治文学全集 ; 53
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
筆まかせ(抄)
棒三昧
新年二十九度
墨のあまり
間人間話
十年前の夏
小園の記
病牀譫語
飯待つ間
根岸草廬記事
熊手と提灯
消息
銅像雑感
新年雑記
ラムプの影
ホトトギス第四巻第一号のはじめに
明治丗三年十月十五日記事
死後
くだもの
命のあまり
病牀苦語
天王寺畔の蝸牛廬
九月十四日の朝
煩悶
獺祭書屋俳話 : 増補再版(抄)
地図的観念と絵画的観念
俳諧反故篭
俳句新派の傾向
病牀問答
万葉集巻十六
曙覧の歌
歌話
鶴物語
「こやす」といふ動詞
竹里歌話
万葉集を読む
我邦に短篇韻文の起りし所以を論ず
文界八つあたり
作家評家
若菜集の詩と画
早稲田文学廃刊
写生,写実
叙事文
獺祭書屋俳句帖抄
竹乃里歌(抄)
仰臥漫録
筆まかせ(抄)
棒三昧
新年二十九度
 CiNii Books   CiNii Articles   JAIRO   WebcatPlus  
同じキーワードで他のサイトを検索できます。