close
1.

図書

図書
武内進一編
出版情報: 千葉 : 日本貿易振興会アジア経済研究所, 2000.1
シリーズ名: 研究双書 / アジア経済研究所 [編] ; 500
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
アフリカの紛争 : その今日的特質についての考察 武内進一著
紛争のなかのエスニシティー
日常的民族紛争と超民族化現象 : ケニアにおける1997~98年の民族間抗争事件から 松田素二著
複数政党制移行後のケニアにおける住民襲撃事件 : 96年選挙を画期とする変化 津田みわ著
1960年代ブルンジにおけるエスニシティーの意味 : 権力闘争における見なしと具象化 佐藤章著
アイデンティティーの史的展開
ルワンダのツチとフツ : 植民地化以前の集団形成についての覚書 武内進一著
市民概念の語用とその限界 : リベリア共和国から 真島一郎著
紛争主体と国際社会
継続する内戦と成果のない和平調停 : スーダン内戦をめぐるさまざまなアクター 栗本英世著
「国連事務総長報告 : アフリカにおける紛争の諸原因と永続的平和および持続的発展の推進」 : 文献解題 原口武彦著
アフリカの紛争 : その今日的特質についての考察 武内進一著
紛争のなかのエスニシティー
日常的民族紛争と超民族化現象 : ケニアにおける1997~98年の民族間抗争事件から 松田素二著
2.

図書

図書
青山弘之, 末近浩太著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2009.2
シリーズ名: アジア経済研究所叢書 ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
シリアとレバノンの政治構造 青山弘之, 末近浩太著
ジュムルーキーヤの成立 : 1990年代半ば~2000年代初め 青山弘之著
実効支配の終焉 : 2004年半ば~2005年4月 青山弘之著
駐留シリア軍撤退後の国連の対応 : 2005年4月~2006年7月 青山弘之著
レバノン喪失後のシリア : 2005年4月~2006年7月 青山弘之著
シリア喪失後のレバノン : 2005年4月~2006年7月 青山弘之著
ヒズブッラーの台頭とレバノン紛争 : 2006年7~8月 末近浩太著
反転攻勢がもたらしたさらなる内政麻痺 : 2006年9月~2007年6月 末近浩太著
シリアとレバノンの政治構造に何が起きたのか? 青山弘之著
シリアとレバノンの政治構造 青山弘之, 末近浩太著
ジュムルーキーヤの成立 : 1990年代半ば~2000年代初め 青山弘之著
実効支配の終焉 : 2004年半ば~2005年4月 青山弘之著
3.

図書

図書
小笠原欣幸, 佐藤幸人編
出版情報: 千葉 : 日本貿易振興機構アジア経済研究所, 2012.5
シリーズ名: 情勢分析レポート ; no. 18
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
荒井悦代著
出版情報: 千葉 : 日本貿易振興機構アジア経済研究所, 2016.6
シリーズ名: 情勢分析レポート ; no. 25
所蔵情報: loading…
 CiNii Books   CiNii Articles   JAIRO   WebcatPlus  
同じキーワードで他のサイトを検索できます。